ソウル黒石駅「平和の少女像」を損壊、20代男性を立件

ソウル黒石駅「平和の少女像」を損壊、20代男性を立件

 ソウル銅雀警察署は20日午前6時45分ごろ、地下鉄9号線黒石駅(銅雀区黒石洞)の近くにある「平和の少女像」の顔2箇所を石で叩いて損壊させた疑いなどで、20代男性を立件した。

 警察によると、男性は損壊行為を止めに入った市民に対しても拳を振るい、その場に居合わせた他の市民に取り押さえられたという。

 警察はこの男性に対して、詳細な事件の経緯と動機を調べている。警察関係者は「詳細については、追加で調査しなければならない」とコメントした。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする