リアルドール応援? FCソウル「成人用品とは全く関係ない」

韓国プロサッカー球団のFCソウルがマネキン応援論争について謝罪した。FCソウルは17日、ソウルワールドカップ(W杯)競技場で行われた光州(クァンジュ)FCとのホーム試合で観客席にカードセクションと共に「マネキン観客」を配置した。無観客試合を迎えてソウルが準備した異色イベントだった。

しかし試合後、マネキンが成人用品「リアルドール」と似ているという指摘を受けた。FCソウル側は18日、球団公式ホームページに謝罪文を載せ、「17日の試合で設置された応援マネキンに関連し、ファンの皆さんに不快な思いをさせたことについて深くお詫びする」と伝えた。

その一方で「この日設置されたマネキンは従来のマネキンとは違って材質などが実際の人間のように作られているが、成人用品とは全く関係がない製品であることを最初から確認していた」と述べた。また「『タルコム』という会社で製作されたものだが、衣類やファッション会社を対象にする製品という紹介を受け、何度も成人用品でないという確認の過程を踏んだ」と釈明した。

ただ、マネキンが掲げている応援カードにリアルドールの販売会社名と共にリアルドールのモデルになったBJの名前が入っていたという疑惑については「担当者が詳細に把握できない点が問題だった」とし「弁解できない我々の手落ち」と謝罪した。

FCソウル側は「当初、関連機関から該当会社を紹介されるまで、コロナ時代に無観客で試合が行われるだけに少しでも楽しい要素を取り入れて厳しい時期を共に克服していこうという意図でミーティングを進めた」とし「理由はともかく、FCソウルを愛して応援しているファンに不快な思いをさせた点について改めてお詫びする」と伝えた。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする