韓国副首相「経済活動の過度な萎縮を警戒しなければ」

韓国副首相「経済活動の過度な萎縮を警戒しなければ」

洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は7日「行き過ぎた恐怖心、不安感で経済主導者の経済活動が過度に萎縮するのは警戒する必要がある」と話した。

洪副首相はこの日、ソウル中区(チュング)大韓商工会議所で中国武漢で発生した新型コロナウイルス(新型肺炎)感染症に関連した企業懇談会を行った。彼は「今の状況で経済への波及影響に対して厳重に捉え、緊張感を持ってあらかじめ先制準備をし、対応していくのが何より重要だ」と強調した。

洪副首相は「新型肺炎が早期終息しなければ景気の下方圧力として作用しかねない」として「大企業・中小企業の工場稼動・輸出支援、内需活性化対策、自営業者の経営上難点緩和対策など政府にできる最大限の支援措置を講じていきたい」と説明した。

この日に参加した金尚祖(キム・サンジョ)青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策室長も「新型肺炎で世界のサプライチェーン(供給網)の衝撃で韓国企業への生産支障が発生する可能性がある」として「観光・宿泊・卸小売・飲食店など内需の萎縮が発生して中小企業と小商工人の困難が加重される可能性がある」と懸念を示した。

洪副首相は「このような時こそ国民、企業、政府が力を合わせ、知恵を絞ってともに対応していくことが重要だ」として「私は今回も韓国国民が必ず賢明に克服することを信じている」と強調した。

洪副首相は「一部から見せかけの行動だと言われたりもするが、気が焦る気持ちでこの場を用意した」として「疎通の真正性を深く理解してほしい」と付け加えた。また、洪副首相は「関連業界の意見と困難を積極的に聴取して政府の支援が必要な部分に対して躊躇せず提案してほしい」として「韓国経済全般の活力向上のためにともに努力してくださるようお願いする」と呼びかけた。

この日の懇談会には大韓商工会議所の 朴容晩(パク・ヨンマン)会長をはじめ、現代自動車の孔泳云(コン・ヨンウン)社長、ロッテのファン・ガッキュ副会長、CJの朴根煕(パク・クンヒ)副会長、セルトリオンのソ・ジョンジン会長などが参加して業界からの申立てや経営上難点などを伝えた。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする