IOC「延期された東京五輪の開催に最大8億ドルの費用かかるだろう」

IOC「延期された東京五輪の開催に最大8億ドルの費用かかるだろう」

国際オリンピック委員会(IOC)が来年に延期された東京オリンピック(五輪)を開催するのに8億ドル(約856億円)に達する費用がかかるものとみられると明らかにした。

14日(現地時間)、ロイター通信によると、IOCのトーマス・バッハ会長はこの日執行委員会会議で「延期された東京五輪を組織するのに必要な私たちの役割と責任に最大8億ドルがかかると予想している」と伝えた。

バッハ会長は8億ドルの中で6億5000万ドルは来年東京五輪のための費用で、1億5000万ドルは国際連盟と各国オリンピック委員会を支援する費用だと説明した。

ただ、この費用には日本政府と東京オリンピック組織委員会が五輪を1年間延期することに必要な費用は含まれていない。

バッハ会長は「2021年東京五輪が成功裏に開催され、すべての参加者が安全な環境で競技に参加することができるように万全を期している」と説明した。

また「五輪の開幕が1年2カ月前に迫ってきた。今後の状況に対していかなる推測もあおってはならない」と付け加えた。

これに先立って、IOCと日本政府は3月新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のパンデミックにより今年7月24日に開催する予定だった東京五輪を1年延期することにした。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする