韓国産業部「日本、輸出規制強化措置の原状回復にためらう理由ない」

韓国産業部「日本、輸出規制強化措置の原状回復にためらう理由ない」

韓国の産業通商資源部が、日本は韓国に対する3大品目輸出規制とホワイトリスト除外決定に関する立場を今月末までに明らかにすべきだと主張した。

産業通商資源部の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官は12日の会見で、「昨年7月1日に日本政府が対韓国輸出規制強化措置を発表してから1年が近づく状況で、これ以上、懸案の解決を遅延させることもできない」とし「韓国政府は日本政府に3品目とホワイトリストの解決案に関する具体的な立場を明らかにすることを促す」と明らかにした。

産業通商資源部は▼韓日戦略物資関連政策対話の中断▼通常兵器キャッチオール規制の不備▼輸出管理組織・人員不足―-など、日本側が輸出規制をしながら提起した3つ理由がすべて解消されたと強調した。

李政策官は「輸出規制強化措置を原状回復させるのにためらう理由はない。昨年7月1日に日本政府が対韓国輸出規制強化措置を発表してから1年が近づいている状況だ。これ以上懸案の解決を遅延させることもできない」と述べた。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする