レトロなキャンピングカーがオークションに登場…詐欺で告発されたCEOが弁済のために

レトロなキャンピングカーがオークションに登場…詐欺で告発されたCEOが弁済のために

マーティン・ウォルターによる1961年式ベッドフォード・CAを改造したキャンピングカーが、10月に開催されるRMサザビーズのオークションに出品される。

【全画像をみる】レトロなキャンピングカーがオークションに登場…詐欺で告発されたCEOが弁済のために

この車は、支払い代行会社のインターロジック・アウトソーシング社の元CEOで、詐欺罪で告発されたナヒブ・カーン(Najeeb Khan)が所有していたもので、他の多くの名車とともに出品される。

RMサザビーズによると、このキャンピングカーは最低落札価格が設定されておらず、6万から8万ドルで落札されるとみられている。

詐欺罪で告発され、自己破産した元CEOが所有していたマーティン・ウォルター製の1961年式キャンピングカー「ベッドフォード・CA・ドーモビル」が、オークションにかけられることになった。価格は6万ドル(約640万円)から8万ドル(約850万円)になると推定されている。

このキャンピングカーは「エルクハート・コレクション」の中の1台で、最低落札価格は設定されていない。サウスベンド・トリビューンによると、インディアナ州エルクハートを拠点に設立された支払い代行業を行うインターロジック・アウトソーシング社の設立者、ナヒブ・カーン(Najeeb Khan)は、被害総額が1億ドル以上に及ぶ詐欺罪で告発されたことから辞職し、自己破産を申し立てた。その後、債権者への返済に充てるために、所有していた多数の車のほぼすべてを売却するよう、裁判所に命じられた。その総額は約3100万ドル(約33億円)になるとみられている。

それらの車が、10月23、24日に行われるRMサザビーズのオークションに出品されることになった。当初、オークションは5月初旬に予定されていたが、COVID-19のパンデミックの影響により延期された。

今回のコレクションには、このキャンピングカー以外にも、240台以上の車と少なくとも30台のオートバイ、ボートなど、さまざまなものが含まれている。

RMサザビーズからマーティン・ウォルター製の1961年式ベッドフォード・CA・ドーモビルが出品されるのは、今回が初めてではない。別のコレクションから3月初旬に出品され、3万9200ドルで落札された。

10月にオークションを控えたキャンピングカーを見てみよう。

RMサザビーズはこの車を「フォルクスワーゲンのキャンピングカーの、レアなイギリス版」と表現している

新しいラジアルタイヤへの交換を含むレストアが行われた

RMサザビーズによると、ベッドフォードはGM傘下だったボクスホールの子会社として1931年に設立された

ベッドフォードは1952年に小型の配送用自動車を開発し、1969年まで生産を続けた

ベッドフォード・CAは、今日のメルセデス・ベンツ・スプリンターのように、車体がキャンピングカーへの改造に適しているとして人気が高まった

しかし1987年までにゼネラルモーターズはベッドフォードというブランドを放棄し、その4年後、ベッドフォードは消滅した

RMサザビーズによると、このキャンピングカーは冷蔵庫とガスコンロのほか、簡易トイレと40リットルの排水タンクも設置されている

Source:

RM Sotheby’s

最近の多くのキャンピングカーの内装と同様に、この1961年製のキャンピングカーにも、収納キャビネットとキッチンシンクがついている

座席を倒すと、小さなベッドとして利用できる

他の座席を倒すと、最大4人が寝ることができる

可動式の屋根を開くと、車内のヘッドスペースにゆとりが生まれる

[原文:A rare British 1961 camper van owned by a CEO accused of fraud is going up for auction ─ see inside]

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue) Brittany Chang

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする