昔のままの生活が残る「女性の島」 伝統文化存続の危機 エストニア

引用元:AFPBB News
昔のままの生活が残る「女性の島」 伝統文化存続の危機 エストニア

【5月10日 AFP】畑仕事や灯台守、教会の礼拝進行役、クリスマスのサンタクロース──バルト海(Baltic Sea)にある森に覆われた小島、キヒヌ(Kihnu)島では、赤いヘッドスカーフと赤いしま模様のスカートを身に着けた女性たちが何世紀にもわたり主な仕事を担ってきた。

 エストニアの沖10キロに浮かぶキヒヌ島の男性たちは、数週間、時には数か月も漁に出かけたままだったためだ。

 しかし、2008年に国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたキヒヌ島の伝統文化は今、存続の危機にある。経済的な苦しさから住民たちが次々と、仕事を求めて島を離れているのだ。

 キヒヌ文化を伝える島の公式ガイド、マレ・マタス(Mare Matas)さん(45)によれば、島民として登録されているのは686人だが、島に通年住んでいるのはその約半分の300人にすぎないという。

 漁師のマルグス・ラーレンツ(Margus Laarents)さんは自宅の裏で、捕ったばかりの魚を薫製にしながら「アザラシとウが一番の問題だ」と語った。1900年代半ばに乱獲が原因で絶滅寸前となったため、欧州連合(EU)はこの2種を保護対象に指定した。これによりエストニア領海では1980年代半ばからアザラシとウが激増し、地元の魚は激減してしまった。

 マルグスさんと妻のマルゲさんは、もはや漁だけでは生計を立てていけないと話す。島の漁師の大半は、ノルウェーやフィンランドの建設現場で職を得るため一斉に村を出て行ってしまった。マルグスさん夫婦ら残った島民の多くは、家畜と作物で生活を維持している。

■女性の仕事をする男性

 年配の島民12人は週1回朝のコーヒーを共にし、ニシンの塩漬けやビスケット、チョコレートが並んだ机を囲みながら、うわさ話や昔話に花を咲かせる。この日の話題は、昔は女性だけがしていた陸の仕事を男性がするようになったという話だった。

 メラッセ・サルメ(Merasse Salme)さん(68)が横にいる夫を見ながら、「オスカルは初めて畑仕事をした男性の一人だった」と言うと、他の女性たちは「男性が畑仕事をするのを見て、みんなで笑ったものだった」と応じた。

 観光も島にとって重要な収入源となっているが、訪問が可能なのは夏の3か月だけだ。昔のままの生活を見に毎年国内外から最高3万人が訪れる。ホテルやレストランはないため、島民が自宅に観光客を泊めている。

 キヒヌ島のもう一つの伝統文化は、織物や複雑な模様が入った手袋や靴下だ。工芸品の販売もするマタスさんは、今では大量生産の衣服が手に入るため商売にならないとこぼす。「昔、大切だったものはみんな、今では大切ではなくなってしまった」

■文化の守り手

 男女の役割はあいまいになってきているかもしれないが、今もはっきりと女性の仕事となっているものが一つある。文化の伝承だ。

 キヒヌの多くの祝祭は冠婚葬祭と同様に、すべて念入りに昔通りに行われている。歌や踊りが何日も続くことがあり、紀元前から伝わる儀式もある。

 フォーク歌手のビルべ・コスター(Virve Koster)さん(92)は、キヒヌで最も有名な女性だ。今もなお、国内演奏ツアーを行なっている。

 コスターさんはキヒヌ女性の不屈の精神を体現していると言われることも多い。島の生活や自然、とりわけ愛についての歌400曲を通じて、コスターさんは喜びと名声を手にした。

 キヒヌの住民の多くは島を出て行った。だが、戻って来た人もいる。

 バイオリン教師のマリア・マイケルソン(Maria Michelson)さんは、大学を終えキヒヌに戻ってきた。今は島の子どもたちにキヒヌの伝統音楽を伝えている。

 マイケルソンさんは、インターネットと1日2本の本土へのフェリー便は、島の生活に大変革をもたらしたと語る。そして、キヒヌの伝統的生活の行末に思いを巡らせる。

「私たちのこの文化は、この新たな世界に太刀打ちできるのだろうか」「いずれ分かるだろう」

 映像はキヒヌ島に暮らす女性らの他、フォーク歌手のコスターさん、バイオリン教師のマイケルソンさん。2019年11月撮影。 (c)AFPBB News

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする