文在寅大統領「利川火災惨事、非常に後進的で恥ずかしい事故」

文在寅大統領「利川火災惨事、非常に後進的で恥ずかしい事故」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は先週発生した京畿道(キョンギド)利川(イチョン)物流倉庫火災惨事に関連して、過去に起きた類似の事故が大型惨事形態で繰り返されている点で非常に後進的で恥ずかしい事故だった」と指摘した。

文大統領は4日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で主宰した首席・補佐官会の冒頭発言で「事故の原因をきちんと究明することが急務」と明らかにした。続いて「関係部署は誠心を尽くして遺族が葬儀をしっかりと行えるように支援して、産業災害(産災)補償など経済的支援にも万全を期してほしい」と指示した。

あわせて「2008年冷凍倉庫火災事故以降、類似の事故を防ぐための安全対策を用意し、政府でも火災安全対策を強化してきたのに、現場で十分に生かされなかった理由が何かを明らかにしなければならない」としながら「安全規則遵守が十分に守られなかった理由は何か、管理監督の責任まで厳重に究明してほしい」と注文した。続いて「リスク要因を根本的に除去して類似の事故が再発しないように関連部署が協議して確実な対策を用意して報告してほしい」と呼びかけた。

文大統領は今月1日、江原道高城(カンウォンド・コソン)で発生した山火事に関しては「強風注意報が下されるほど風が強く、一歩間違えれば大型山火事につながる可能性もあったが、比較的大きな被害なく防ぐことができた」とし「地域住民の協力のおかげで昨年と同じ地域、ほぼ同じ時期に起きた山火事に比べて被害面積も大幅に減り、ただの一人の人命被害もなかった」と評価した。続いて「消防公務員が国家的になって迅速な出動が可能になり、山林庁山火事特殊鎮火隊の正規職化によって山火事鎮火人材の専門性が高まったことも大きな力になった」とし「昨年の江原道山火事の経験を教訓にして山火事対応システムを発展させた結果」と強調した。それとあわせて「山林庁職員と消防隊員、江原道と固城郡公務員はもちろん、軍将兵まで山火事鎮火に献身的に立ち向かってくれた労苦を賞したい」と付け加えた。

◆「災難支援金寄付、強要してはならない」

あわせて文大統領は新型コロナ緊急災難(災害)支援金支給と関連して「寄付は善意の自発的選択だ。強要することはできず強要してもいけない」と強調した。続いて「(寄付は)すべての国民が力を集めて経済危機を共に克服しようという意味」としながら「寄付から感じるやりがいと自負心がその見返りだ。都合がつく分だけ、気持ちの分だけ参加していただければと思う」と呼びかけた。

あわせて「新型コロナで困難に陥っている国民への慰労と応援であり、経済活力にも少しでも役に立つことを期待する」とし「政府が約束したとおり、最大限迅速に不便なく給付できるようにする」と約束した。続いて申請方法に関して「オンライン申請が難しい方々は訪問申請がれき、申請後、直ちに現場で給付される。一度に申請が集まり不便を感じないように5部制で実施する」と説明した。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする