金正恩委員長の重体報道、菅官房長官「コメント控える…米国と連携して情報分析」

金正恩委員長の重体報道、菅官房長官「コメント控える…米国と連携して情報分析」

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が手術後に重体になったという情報に米国政府が注目しているという米CNNの報道に対し、日本も大きな関心を表した。

NHKなど日本メディアは21日午前、関連内容を速報した。

菅義偉官房長官は午前の定例記者会見で、関連の質問に対し「報道は承知している。北朝鮮をめぐる情報については平素から重大な関心を持っているが、一つ一つにコメントは控えたい」とし「米国などと緊密に連携しながら情報収集と分析を行いたい」と述べた。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする