韓国副首相「衛生マスクの国外大量搬出を遮断」

韓国副首相「衛生マスクの国外大量搬出を遮断」

洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は5日、「マスクや消毒剤の国外大量搬出を事前に遮断する」と話した。中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎予防に必要なマスクが品薄になっていることに伴ったものだ。洪副首相はこの日政府ソウル庁舎で経済関係閣僚会議兼経済活力対策会議を開き、こうした内容を含む新型肺炎対策を話し合った。

洪副首相は、「マスクや消毒剤を1000個または2000万ウォン相当を超過して国外に搬出する際には簡易輸出手続きを正式輸出手続きに転換し、国外大量搬出を事前に遮断する。輸出審査の際に買い占めや売り惜しみの疑いがあれば通関を保留し告発を依頼するだろう」と説明した。

これに先立ち韓国政府はマスクの品薄を防ぐため保健用マスクと消毒剤の買い占めや売り惜しみ行為の禁止などに関する告示を5日から4月30日まで施行する。これに伴い、保健用マスクと消毒剤を買い占めまたは売り惜しみした生産者と販売者は2年以下の懲役または5000万ウォン以下の罰金を受けることになる。

洪副首相はまた、「自営業者・中小企業などの負担緩和に向け、内国税や地方税など税政分野と関連して申告・納付期限を延長したり、滞納処分執行を猶予するなどの支援をただちに推進する」と話した。

合わせて洪副首相は「来週中にデータ、ヘルスケア、技術創業など10大規制改善タスクフォースを発足させ、各分野の規制を全面再検討、画期的に改善するだろう。3月中に革新ロードマップをまとめて分野別規制革新案を順次発表する計画だ」と話した。

この日の会議には保健福祉部の朴凌厚(パク・ヌンフ)長官、雇用労働部の李載甲(イ・ジェガプ)長官、国土交通部の金賢美(キム・ヒョンミ)長官、中小ベンチャー企業部の朴映宣(パク・ヨンソン)長官、殷成洙(ウン・ソンス)金融委員長、金鉉峻(キム・ヒョンジュン)国税庁長、ノ・ソクファン関税庁長らが参加した。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする