日本メディア「日中韓+ASEAN首脳、来週コロナ関連のテレビ会議」

日本メディア「日中韓+ASEAN首脳、来週コロナ関連のテレビ会議」

韓国と日本、中国の3国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳が、来週、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)対策について話し合うテレビ首脳会議を行うと読売新聞が9日、報道した。

同紙は「日本と中国、韓国の3か国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が、来週にも首脳によるテレビ会議を開く方向で調整していることがわかった」と伝えた。同紙によると、今回の会議では、新型コロナの拡大を防ぐため、治療薬の開発に関する情報共有や医療物資の支援などで連携していく方針を確認するものとみられる。

これに先立ち、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は3日、ASEAN議長国のベトナムのグエン・スアン・フック首相との電話会談で、新型コロナ対応に向けた協力方案について話を交わした。

当時、フック首相は「新型コロナ防疫協力のためのASEAN議長声明を発表した」とし「韓日中の協力調整国である韓国との協力を通じて、4月初めをめどに推進中のASEANプラス3(韓日中)特別テレビ首脳会議の成功的な開催を期待する」と話した。これに対して文大統領は「ASEANプラス3特別テレビ首脳会議は非常に時期適切だ」とし「我が政府も会議の成功に向けてベトナム側と緊密に連携していく」と答えた。

2日にも青瓦台(チョンワデ、大統領府)はASEANプラス3特別テレビ首脳会議に関連して「それほど遠くない時間内に行われることを望んでいる」と話した。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする