歌手キム・ジェジュン、「新型コロナの嘘」で日本スケジュールが相次ぎキャンセル

歌手キム・ジェジュン、「新型コロナの嘘」で日本スケジュールが相次ぎキャンセル

新型肺炎にかかったというエイプリルフールの嘘で物議をかもした元東方神起の歌手キム・ジェジュンの活動に相次ぎブレーキがかけられている。

今月1日、NHK 1ラジオ番組『古家正亨のPOP A』の出演がキャンセルになったことに続き、3日放送されるテレビ朝日の『ミュージックステーション』の出演も白紙化した。また、5日にはNHK BSプレミアム『The Covers 名曲選2020』に出演する予定だったが、これも電撃キャンセルになった。先月、日本で新しいシングルアルバムを発売したキム・ジェジュンは日本に滞在しながら活動していたが、軽率な嘘で相次ぎ「スケジュールのキャンセル」が余儀なくされ活動中断の危機に置かれた。

韓国活動も激しい批判世論にぶつかって難航している。キム・ジェジュンが出演するライフタイムの芸能番組『Travel Buddies』(原題)は4日、最終話である監督版を放映する予定だったが、放送できるかどうかは不透明だ。2日、ライフタイム側は「放送中止を議論中」としながら「3日中に結論を出す予定」と明らかにした。

キム・ジェジュンは1日、自身のインスタグラムに新型肺炎の確診判定を受けたという文章を投稿して1時間後に事実でないと明らかにして物議をかもした。その一方で「絶対にエイプリルフールのいたずらだとは思わない」と明らかにして怒りを買った。

その後、キム・ジェジュンを処罰してほしいという青瓦台(チョンワデ、大統領府)の国民請願まで登場し、ニューヨークタイムズ・ワシントンポスト・ロイター通信など海外メディアも「ファンたちの怒り」を報道した。波紋が続くとキム・ジェジュンは1日夜、再び文章を掲載して「多くの方々を傷つけた点、心よりお詫び申し上げる」としたが、この文章ですら「緩くなった対処方式と危険性の認識。新型肺炎によって被害を受ける方々を最小化するために警戒心を持ってほしいという思いでメッセージを伝えたかった」とし、「嘘の名分」を並べてさらに大きな論議を呼んだ。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする