文大統領 新型コロナ感染集中地域を訪問=経済危機克服の意志強調

引用元:聯合ニュース
文大統領 新型コロナ感染集中地域を訪問=経済危機克服の意志強調

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、新型コロナウイルスの感染者が集中している南東部の大邱・慶尚北道地域を訪問した。

 文大統領は、成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官、朴映宣(パク・ヨンソン)中小ベンチャー企業部長官、? チョル雨(イ・チョルウ)慶尚北道知事などとともに大邱・慶尚北道地域を代表する国家産業団地、亀尾産業団地を訪問。新型コロナウイルス問題の対応に当たる企業関係者らと懇談会を行い、現場の声に耳を傾けた。

 文大統領が同地域を訪れるのは、2月25日に大邱の専門医療機関で対応を点検して以来約1か月ぶり。

 今回の訪問は、新型コロナウイルスの直撃を受けた地域の市民らを慰労する一方、停滞した経済を復活させるとの意志を強調するものと受け止められる。

 青瓦台(大統領府)の韓政愚(ハン・ジョンウ)春秋館長は、前日の会見で「亀尾産業団地は新型コロナウイルスの被害を克服した模範事例だ」とし、「産業団地内で多数の感染者が発生し、操業中止や原材料・部品需給への影響があったが、これを克服しつつある」と説明した。 

 また、「今回の日程は、日本の輸出規制による素材・部品の危機を克服したのと同様に、政府と企業がともに新型コロナウイルスの危機を克服するという意志を込めた」と述べた。 Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする