東京五輪、来年7月23日開催へ

 新型コロナウイルス感染拡大で延期された「2020東京五輪」が2021年7月23日(金曜日)に開幕する。当初の開幕予定日だった今年7月24日(金曜日)から1年延期されたものだ。

 トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長と橋本聖子五輪担当相、小池百合子東京都知事、森喜朗大会組織委員会会長が30日午後6時からビデオ会議形式で五輪開催時期を協議した末、来年7月に23日から8月8日まで大会を開催することで合意した。IOCはすぐに臨時理事会を開き、この案を承認した。IOCは「新しい開催日は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に対応し、五輪予選日程を消化するのに最大限の時間を持つためのものだ」という声明を発表した。パラリンピックは来年8月24日から9月5日まで開かれる。東京五輪の新しい日程が確定した後、世界陸上連盟は2021年に予定されている世界陸上選手権を2022年に延期するという見解を明らかにした。世界陸上選手権は来年8月6日から15日まで米オレゴン州ユージーンで開催される予定だった。

■なぜ春ではなく7月に?

 IOCと組織委員会は24日、「今年の東京五輪は延期するが、2021年の夏を越すことなく開催する」と発表した。一部の国際競技連盟は来年春の開催を希望し、「桜五輪」の可能性が取りざたされていた。

 だが、組織委員会は準備期間を十分確保する時間が必要だという理由で夏の開催を希望した。組織委員会としては五輪が来年7月23日に開幕するのに伴い、既に作ってある運営日程を変更する必要がなくなった。夏休み期間中なので学生ボランティアも選びやすい。大会全体のボランティア数は約8万人だ。 伝統的な「夏の五輪」は米国と欧州の巨大テレビ市場を攻略するのに良く、中継権を持つ各テレビ局が好む。欧州の主なサッカーリーグや、来年に延期されたUEFA欧州選手権は2021年7月前にすべて終わる。米NBA(プロバスケットボール)、NHL(北米プロアイスホッケーリーグ)の公式戦も終了している。テニス、ゴルフなどのプロツアー選手たちが五輪に出るのにも都合がいい時期だ。

■大韓体育会「悪いことはない」

 現在、東京五輪の出場権を獲得している選手は全体の57%に相当する。IOCはこれら選手たちの出場資格を保障すると伝えられた。今後は各種目の国際競技連盟と、残り43%の選手を決める競技日程を細かく調整していかなければならない。現在、多くの国々のエリート選手たちが新型コロナウイルス感染拡大に伴う練習場閉鎖などで事実上、練習やトレーニングができていない。新型コロナウイルス感染が終息し、選手たちが再びコンディションを上げるには少なくとも数カ月かかる。

 韓国代表チームの選手たちがこれまで五輪に備えて汗を流してきた忠清北道の鎮川選手村は26日と27日の退村以降、空いている。現在、選手村では新型コロナウイルスの侵入を防ぐため消毒が行われており、選手たちは自宅や所属チームで個人的に練習をしている。選手村は新型コロナウイルス感染を防ぐための対策を徹底的に立てた後、4月10日前後に再び入村申請を受け付ける予定だ。大韓体育会関係者は「五輪開幕日が確定しても、IOCや各種目の国際競技連盟の日程まで出なければ、代表チームの選手たちの具体的な練習計画は立てられない。それまで選手たちは、再充電の時間を持つことになるだろう」と語った。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする