習近平氏「ありったけの情報共有を」 トランプ氏と電話会談で歩み寄り

引用元:産経新聞

 【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は27日、トランプ米大統領と電話会談し、新型コロナウイルス対策にあたって両国が協力を強化することで一致した。習氏は「中米(両国)は団結して感染症と戦わなければならない。中国はありったけの情報と経験を米側と共有したい」と述べた。中国国営中央テレビが伝えた。

 トランプ米政権は、感染拡大の責任を米国に転嫁したとして中国を批判する一方、中国側も米高官が「中国(武漢)ウイルス」と表現したことなどに反発していた。感染源をめぐり亀裂が深まっていた両国の首脳が、新型コロナ対策の協力に向けて歩み寄った形だ。

 中国政府の情報隠蔽によって感染爆発が起きたと米側が指摘していることを念頭に、習氏は「中国は一貫して透明性と責任感のある態度をとり、感染症の情報を適宜、関係国などに伝えている」と主張。現在、米中関係が重要な局面を迎えているとして「協力すれば双方に利益があり、戦えばともに傷つく」と訴えた。

フォローする