中国で行方不明になった北海道教育大・袁克勤教授はスパイ容疑で起訴に向け捜査段階。「有罪は免れない」家族が心境明かす

中国で行方不明になった北海道教育大・袁克勤教授はスパイ容疑で起訴に向け捜査段階。「有罪は免れない」家族が心境明かす

2019年5月に中国・長春で連絡が取れなくなった北海道教育大学の袁克勤(えん・こくきん)教授は、スパイ容疑で現地の検察当局から取り調べを受けていることが、中国外交部の発表でわかった。

外交部の耿爽(こう・そう)報道官は「本人も認めていて証拠は確かだ」と話している。

一方で、長女の袁螢(えん・けい)さんは「父はスパイなどではなく無実です。無実の人が多くこのような目に遭っていることを知って欲しい」と訴えている。

失踪までの経緯

北海道教育大学の袁克勤教授(64)は戦後の東アジア政治史が専門。母親の葬儀に出席するため、2019年5月に妻とともに中国東北部・長春を訪れたが、その後連絡が取れなくなった。家族によると、参列した翌日に路上で公安部とみられる人たちに攫われたという。

妻はのちに解放されたが、このことについて口外することを禁止されていたといい、止むを得ず大学側には「高血圧の治療のため戻ることができない」と伝えていたという。

しかし、後になって妻が袁教授の妹に拘束について打ち明けたことから事態が発覚。これまで、北海道大学の岩下明裕教授ら有志グループが、中国側に情報を開示するよう呼びかけている。

海外メディアも注目

中国外交部が定例の記者会見で袁教授について言及したのは3月26日。耿爽報道官はスパイ容疑だと明らかにしたうえで「本人も認めていて証拠は確かだ。今は検察が起訴に向けて取り調べを進めていて、関係機関は十分に袁克勤の権利を保障している」と話した。

このニュースは多くの海外メディアも報道している。

アメリカのワシントンポストは「自白をして有罪判決を受けた人の多くが、のちになって拷問や脅迫を受けて自白したと話している」と指摘した。

香港紙のサウス・チャイナ・モーニング・ポストは、去年北海道大学の日本人教授が一時拘束されたことなどに触れ、「中国では習近平政権になってから、安全保障の名目で外国の組織や個人への調査を強めてきた。日本人だけでなく多くの外国人が拘束されている」とした。

フォローする