仁川発深セン行き飛行機に新型コロナ感染が疑われる患者が…中国、韓国人15人を隔離

2日午前、仁川(インチョン)国際空港から大韓航空KE827便に乗って中国広東省深センに向けて出国した韓国人2人が発熱症状を示して精密検査を受けた。

該当の航空便は午前8時15分、仁川から出発して深センに午前11時25分に到着した。航空機が深センに到着した後、中国人乗客2人が新型コロナウイルス感染症が疑われる患者に分類された。中国当局は続いて彼らの座席周辺に座っていた乗客40人を検査した。このうち韓国人が15人含まれ、このうち2人が発熱症状を示して病院に移送された。残りの韓国人13人は深センのあるホテルに隔離された。

駐広州韓国総領事館関係者は「発熱症状を示した韓国国民2人は中国の病院で実施された1回目のCT検査では良好な状況を示し、追加で感染の有無を確認する核酸検査を受ける」と説明した。

ここで陽性判定が出てきた場合、新型コロナウイルス治療指定病院に移され、陰性反応を示した場合はホテルに隔離されたまま2回目の核酸検査を追加で受けることになる。彼らが陽性判定を受けた場合、その他13人は新型コロナ精密検査を受け、陰性判定時にも少なくとも96時間は隔離されて医学観察を受ける。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする