《ブラジル》 196年の憲政史上初、ネットを使っての採決=回線不調で電話で投票した議員も

引用元:ニッケイ新聞
《ブラジル》 196年の憲政史上初、ネットを使っての採決=回線不調で電話で投票した議員も

 ブラジル連邦上院は20日、196年のブラジル憲政史上初となる遠隔投票により、政府による緊急事態宣言(カラミダージ・プブリカ)を承認した。
満場一致で承認されたこの宣言は、既に下院で承認されていたため、即日発効となった。
アルコルンブレ議長(民主党・DEM)と、トラド上議(社会民主党・PSD)、ベゼーラ上議(民主労働党・PDT)がコロナウイルスに感染し、隔離措置となっていたため、また、本会議場では、全ての議員同士の距離を1メートル以上空けることが困難なため、本会議場に議員たちが集合することはなく、審議はビデオ会議、投票もカメラに一人一人宣言する形で行われた。採決には上議総勢81人中、75人が参加し、全員が緊急事態宣言に賛成した。

 欠席した6人の議員の内、3人はシステム不良で投票できなかった。
また、アルコルンブレ議長に代わって議事進行を務めたアントニオ・アナスタジア第1副議長(PSD)も投票しなかった。
 
アナスタジア副議長と、報告官のウェベルトン・ロッシャ上議(PDT)は、ITエンジニアに囲まれ、上院議会の建物の隣にある、上院情報技術事務局(Prodasen)で、議事進行を行った。 投票を宣言する時にネット回線が不調で、電話で自分の票を宣言した議員も5人いた。
 政府によるカラミダージ・プブリカの承認要請は、下院でも先に承認されており、その時も全会一致だった。
しかし、下院採決時の報告官オルランド・シウヴァ下議(ブラジル共産党・PCdoB)は、「議会は政府に白紙の小切手を渡した訳ではない。これはいわば“特別小切手” で、使用には極めて重い責任が伴う」と語っている。

フォローする