文大統領「経済危機長期化の可能性高い…連帯・協力の力を信じる」

文大統領「経済危機長期化の可能性高い…連帯・協力の力を信じる」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、分野別の各経済主体に「連帯と協力の力で危機克服の主役になっていただくことを懇切お願い申し上げる」と述べた。

文大統領は同日午前、青瓦台(チョンワデ、大統領府)本館で「主要経済主体招待円卓会議」を開き、新型コロナウイルス感染症による経済危機の克服への賛同を訴えた。

この日の会議では、各界の主要経済主体が一堂に会し、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界大流行)による厳しい経済状況に対する認識を共有し、克服の意志を固めるために設けられた。

文大統領は「きょう、切迫した心情で経営界と労働界、中小・中堅企業、ベンチャー・小商工人、輸出・サービス業、金融界と消費者団体まで皆さんをお招きした」とし「二大労総からこうして参加してくれて感謝する」と述べた。

また「私たちは新型コロナウイルス感染症を必ず克服しなければならず、また経済再生にも必ず成功しなければならない」とし「国民に希望を差し上げられるように危機克服の知恵を集めていただきたい」と求めた。

文大統領は「防疫と経済の両面で非常に厳しい状況」とし「新型コロナウイルス感染症が長期化し、医療の危機と経済危機が一度に私たちを脅かしている」と述べた。

続けて「最近、新規感染者数が減少傾向にあり、新規完治者数が増えたことで防疫の成果が現れているが、決して安心できる状況ではない」とし「首都圏の散発的な集団感染を防ぐために防疫に更に拍車をかけなければならず、『パンデミック』で国際協調が切実になった」と述べた。

文大統領は「より大きな懸念は経済、そして民生だ。特定分野に限らず全ての産業分野が危機的状況」とし「政府が内需・消費振起対策を含む20兆ウォン(約1兆7000億円)規模の『民生経済総合対策』に加え、11兆7000億ウォン規模の補正予算を編成したが、問題は韓国だけうまく克服したからといって解決は難しいということ」と述べた。

また、「新型コロナウイルス感染症は供給と需要の同時の衝撃、実物と金融の複合的危機を引き起こしている」とし「世界が共に経験している問題だから経済危機が長期化する可能性が高い。特に過去の経済危機の事例と様相が全く異なるため、前例のない対策が必要」と強調した。

文大統領は「政府は補正予算を含めて合計32兆ウォンに及ぶ大規模な支援を実行する」とし「感染症対応力の強化はもちろん、被害を受けた小商工人・中小企業のための緊急経営安定資金支援、零細事業に対する賃金補助、低所得層の消費余力拡充と雇用維持支援など民生経済の安定の速度を更に上げる」と述べた。

続いて「何よりも迅速な執行で必要な人に必要な支援が適切なタイミングで届くように努力する」とし「特に前例にとらわれず、世界的な経済ショックに対応し、民生経済を回復させるための先制的で果敢かつ十分な対策を追加し、金融市場の安定にも総力を傾ける」と強調した。

また、「今後、経済中央対策本部の役割をする緊急経済会議を大統領が直接主宰して緊急経済状況に対応していく」と述べた。

文大統領は「今は、保健と経済、双方の国際共助が切実だ。G20(主要20カ国)ビデオ首脳会議を主要国に提案したのもその理由から」とし「まず当面は各国が防疫のために入国制限措置を取っても、少なくとも企業関係者の国家間移動は許容するように外交的努力を傾けている」と述べた。

また、「私は連帯と協力の力を信じる」とし、医療スタッフや民間ボランティア、企業と銀行、宗教界、労働界と経営界など各界各層から新型コロナウイルス感染症克服のために力を集めている様々な事例を挙げた。

特に文大統領は「暗闇の中で一層輝く我が国民の底力」とし「今、私たちは社会的距離を置くことを実践しているが、心の距離は一層近づける時だ。政府は防疫が最善の経済対策という考えで感染症の拡散を遮断し、経済を守っていくために全力を尽くす」と強調した。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする