新型コロナで東京五輪中止でもチケットの払い戻しなし

2020年の東京オリンピック(五輪)が新型コロナウイルス感染拡大により中止となってもチケットの払い戻しはないという報道が出た。

朝日新聞は18日、新型コロナウイルス感染拡大を理由にオリンピックとパラリンピックが中止された場合、大会組織委員会が定めた観戦チケットの購入・利用規約上、払い戻しはできないと報じた。

東京五輪組織委員会の規約には「当法人が東京2020チケット規約に定められた義務を履行できなかった場合に、その原因が不可抗力による場合には、当法人はその不履行について責任を負いません」と明記している。

また、「不可抗力」については「天災、戦争、暴動、反乱、内乱、テロ、火災、爆発、洪水、盗難、害意による損害、ストライキ、立入制限、天候、第三者による差止行為、国防、公衆衛生に関わる緊急事態、国または地方公共団体の行為または規制など、当法人のコントロールの及ばないあらゆる原因をいいます」と定めている。万が一、新型コロナで大会が中止となった場合、「公衆衛生に関わる緊急事態」に該当するとみられる。

一方、安倍首相は今月14日の記者会見で「今後ともIOC(国際オリンピック委員会)ともよく連携をしていく。当然、IOCもWHO(世界保健機関)と緊密に連携をしている。我々としては、とにかくこの感染拡大を乗り越えて、オリンピックを無事、予定通り開催したいと考えている」と話した。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする