ドイツ新型コロナ感染者数、韓国超える…病床確保へ

ドイツの新型コロナウイルス(新型肺炎)感染者数が韓国を超えた。

地元紙「ベルリナー・モルゲンポスト」などによると、17日(現地時間)午後、ドイツの新型コロナ感染者数は8604人。17日午前0時基準の韓国での感染者数8320人を超えた数値だ。このため、ドイツは累積感染者数が中国(8万881人)・イタリア(3万1506人)・イラン(1万6169人)・スペイン(1万1409人)に次いで5番目に多い。

ドイツの感染者数はここ数日間で一日約1000人ずつ増えて急上昇曲線を描いている。

ドイツ政府は今月15日、フランス・オーストリア・スイス・ルクセンブルク・デンマーク各国との国境を封鎖するなど超強行措置を取っている。ドイツ国境に隣接した地域外国人居住者がドイツに来て品物を買い占めることを防ぐという方針だ。

翌日には生活必需品を扱う店を除く一般商店や公共施設の営業を禁じ、宗教団体活動もすべて制限した。

また、ホテルへの観光客投宿を禁じ、事実上、国内観光を遮断した。ドイツ政府は海外に孤立した自国旅行客を帰国させるために特別機を運航させる計画を立てている。

あわせてイベント会場やホテルを臨時病棟に改造するなど病床の確保に出た。急増する軽症患者を受け入れるためだ。イタリアで病床不足によって医療システムが麻ひして致死率が高まった点を考慮したとみられる。

ドイツ政府は現在2万8000床水準の重患者用病床も倍に増やす計画だ。

ドイツでは今月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナをパンデミック(世界的な大流行)と宣言してから買い占め現象が起きている。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする