サムスン電子「1回の充電で800キロ走行」

 サムスン電子綜合技術院は10日、次世代のバッテリーとして注目を集める「全固体電池」の安定性を高め、大きさを半分にスリム化できる技術を世界的な学術誌「ネイチャー・エナジー」に掲載したと発表した。

 同院はサムスン電子日本研究所と共同で、1回の充電で800キロメートル走行でき、1000回以上の再充電が可能な全固体電池に関する研究を行い、その結果を公表した。全固体電池はバッテリーの陽極と陰極の間にある電解質を液体から固体に変えたものだ。既存のリチウムイオン電池に比べ、火災の危険性が少なく、大容量の実現が可能だ。現在バッテリーメーカーだけでなく、日本のトヨタなど自動車メーカーも集中的に開発に取り組んでいるが、まだ商用化はされていない。

 全固体電池はバッテリーを充電する際、陽極から陰極に移動するリチウムが陰極の表面に付着し、バッテリーの寿命と安全性を低下させる「デンドライト」問題が発生する。同院は全固体電池の陰極に非常に薄い(5マイクロメートル)の銀-炭素ナノ粒子複合層をコーティングし、デンドライト問題を解決した。世界初の技術だ。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする