《ブラジル》混乱するブラジル郵便事情=小包送る際は必ず納税番号記入=追跡番号を受取人に事前通知を

引用元:ニッケイ新聞
《ブラジル》混乱するブラジル郵便事情=小包送る際は必ず納税番号記入=追跡番号を受取人に事前通知を

 ブラジル国税庁の通達により1月から、ブラジルで受け取る国際郵便物(小包)には、個人なら納税番号(CPF)、企業なら全国法人登録台帳の番号(CNPJ)、外国人なら旅券番号を、送り主があらかじめ書かなければならなくなった。だが「どこの欄に、どうやって書くのか?」や「送り主が前もって小包を送ったことを知らせない場合、送り先は自分宛ての郵便物が来ているのをどうやって知るのか?」等々の疑問があったので担当の専門家に聞いてみた。 《ブラジル》混乱するブラジル郵便事情=小包送る際は必ず納税番号記入=追跡番号を受取人に事前通知を 郵便局サイトの「Acompanhe seu objeto」  2月21日に行われたブラジル日本商工会議所の定例昼食会には、ブラジル国税庁からヘクトル・ケンゾ・ホリウチ・キタハラ・サンパウロ州税関次長、ジョルジア・イバネス・パヴァリニ郵便・運送貨物担当が呼ばれ、国際郵便の取扱い変更について説明があった。その際、詳しく聞いてみた。
 受け取るための注意点は以下の通り。
(1)日本から書籍を含む小包類を送りそうな人には、自分の『納税番号』を予め伝え、『追跡番号』を付けて郵送するように知らせる。
(2)日本から小包を送り出したらすぐに追跡番号を知らせてもらい、受取人(ブラジル側)がブラジル郵便局(http://www.correios.com.br/)サイトのトップページの「Minhas Importacoes」のコーナーで自分の納税番号を登録したアカウントを作成する。そのトップページに戻って「Acompanhe seu objeto」に自分の納税番号を入れると、自分のアカウントのページになり、そこに追跡番号を入れると、現在どこまで来ているかが分かるようになっている。
(3)「Acompanhe seu objeto」のページで、「Aguardando pagamento」という表示がでたら、すぐ下の青字リンクの「Minhas Importacoes」をクリックして、追跡番号の品物の「Acao」欄のボタンを押して支払いページに移動する。

フォローする