北朝鮮の共働き家庭 新型コロナで困惑=女性労働者「在宅勤務」

引用元:聯合ニュース
北朝鮮の共働き家庭 新型コロナで困惑=女性労働者「在宅勤務」

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮でも新型コロナウイルスへの対応の一環として学校の休みの延長などの措置が取られ、共働き家庭にも影響が出ているもようだ。

 北朝鮮の対外宣伝メディア「朝鮮の今日」は4日、「託児所の運営が臨時中断したことと関連し、面倒を見る人がいない子どもがいる女性労働者が職場に出勤せず、子どもの面倒を見るという前例のない措置」を取っていると紹介した。

 託児所は3~4歳の子どもを預ける施設だ。

 北朝鮮は新型コロナウイルスの感染を防ぐため、東部・江原道の「馬息嶺スキー場」や中部・平安南道陽徳郡の温泉リゾート「陽徳温泉文化休養地」などの運営を暫定的に休止した。

 全国の幼稚園と学校の新学期開始も延期し、子どもを預けられず困っている家庭もあるとみられる。 Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする