文大統領「非常の局面…前例問わず、あらゆる手段の動員を」

文大統領「非常の局面…前例問わず、あらゆる手段の動員を」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)事態がもたらした経済的打撃状況を「非常経済の局面」と規定し、「あらゆる手段を動員した特段の対策が絶対的に必要な時」と述べた。

文大統領は同日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で主宰した国務会議で「政府は防疫に最善をつくした上で、COVID-19が与える経済的打撃に、それこそ非常経済の局面という状況認識を持って厳重に対処しなければならない」と述べた。

続いて「SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)の時よりもはるかに大きく長い衝撃を与えるという憂慮まで出てきている」とし「非常経済状況に対応するためには、いかなる制限も設けずに予想を超える政策的想像力を発揮してほしい」と力説した。

文大統領は「現在の状況は思ったより非常に深刻」とし「苦境にある企業の被害を最小限に抑えることができる強力な支援策を設けてほしい」と求めた。

また、「萎縮した国内消費を活性化させる必要がある」とし「消費の活性化策と共に在来市場、路地商圏、地域経済の活力のために必要であれば破格的水準の支援策を積極的に検討してほしい」と付け加えた。

文大統領は特に「前例のある、なしにかかわらず考え得る対策をすべて出し、可能なあらゆる手段を動員しなければならない」と強調した。

すべての部署に総力対応を求めたことで、COVID-19事態でブレーキがかかった経済活力を回復できなければ民生・経済分野の成果創出は不可能だという切迫した認識によるものと見られる。

文大統領は「政策はタイミングが命」とし、「非常な時期だけにタイミングを逃さず緊急対応しなければならない。国会も非常な経済状況の克服に協力してほしい」と語った。

政府がCOVID-19拡散を阻止するために汎国家的力量を投じるため、政府に完全に任せて国民は動揺せずに日常の経済生活に集中してほしいというメッセージも繰り返した。

文大統領は「過度の恐怖と不安は、経済をより困難にする」とし「最終的に経済を生かす力も、結局国民にある」と述べた。

続いて、「我々は世界最高水準の防疫体系と医療システムを備えている」とし「政府の対応を信じて衛生の心得を守りながら、正常な経済活動や日常生活に戻ってくだされば、経済回復に大きな力となるだろう」と付け加えた。

文大統領はCOVID-19拡散以降、南大門市場、6大グループ総帥などに会った場で経済活力向上の重要性を繰り返し強調してきたが、「非常経済の局面」、「破格的水準」、「絶対的」、「特段の対策」などの強い表現を使ったのは同日の国務会議が初めてだ。

フォローする