【インド】タイヤのシアット、新工場が稼働

 地場タイヤ大手CEAT(シアット)は12日、チェンナイ近郊に建設したスリペルンブドゥル工場(タミル・ナドゥ州)で商業生産を開始したと発表した。同日付PTI通信が報じている。

 RPGグループ(ゴエンカ財閥)の旗艦企業であるシアットは2018年、工場の新設に200億ルピーを投じると発表していた。当初は乗用車用ラジアルタイヤを1日当たり250トン生産する。

フォローする