日本各地で起きる外国人との騒音トラブル 解決のヒントは意外とシンプルだった

引用元:GLOBE+
日本各地で起きる外国人との騒音トラブル 解決のヒントは意外とシンプルだった

同じ音が出ていても相手によってうるさく感じたり、感じなかったりする。あるいは、好きなひとのたばこの煙は気にならないのに、苦手な上司のたばこはすごく匂う。そんな経験はないだろうか。
「迷惑学」を提唱する金城学院大学の北折充隆教授(社会心理学)は「相手に『好意』がある場合、迷惑とは感じにくくなる」と説明する。逆に言えば、相手が見知らぬ人や苦手な人の場合、同じことでも「迷惑だ」と感じやすくなる可能性があることになる。これから「見知らぬ」外国人が増えてくれば、そうした摩擦はさらに増えるかもしれない。(西村宏治、写真も)

【写真】立ちション禁止、セックスワーカー撮影お断り……世界の「べからず」看板を集めてみた

インドネシア人が多い町で起きていること

インドネシア出身で、名古屋大学大学院で社会学を研究するメディアン・ムティアラさん(36)が茨城県大洗町に移り住んだのは、2017年のことだった。調査のため、8カ月にわたって町に多い母国出身者たちの暮らしを観察した。たどりついたのは、騒音への苦情が社会での力関係を反映しているという結論だ。

水産加工業のさかんな大洗町でインドネシア人が増え始めたのは、1990年代。2000年前後には違法滞在が次々に摘発され、その後は合法的に滞在できる日系のインドネシア人が増えた。人口1万6000の町に400人近いインドネシア人住民がいるという。

日本での移民の定着について研究してきたムティアラさんが準備調査のために町を訪ねたのは、16年。そこで気になったのが、騒音問題だった。

ある日系人家庭に暮らしてみると、朝から晩まで仕事で、帰ってからはテレビを見たり、母国の家族にネットでメッセージを送ったり。会話はほぼなかった。だが驚いたことに、隣の家との境に「騒音をやめろ」という英語の看板があった。

翌年、実際に町に住み始めると、自分も「うるさくしないでね」と忠告された。心あたりがなかったが、前の住人の時に人が集まり、賛美歌を歌っていたことがあったと知った。町の日系人にはキリスト教徒が多く、家に集まって礼拝するグループもあったという。

調査ではケーススタディーとして、騒音トラブル5例を詳しく調べた。だが近隣から「うるさい」と言われたという音には、床のきしみ音など、家の外からは聞こえない音もあった。ムティアラさんは「どんな小さな音であれ、相手が外国人ということで騒音と捉えられる可能性があった」と言う。騒音は受け取る側の主観的なもの。かつての違法滞在による偏見や、外国人労働者を見下す意識などが、音をうるさく感じさせていたとみる。

逆に、繰り返し苦情を言われたことで、インドネシア人の側には「日本人のほうがうるさい」という不満がたまっていた。「お互いを知れば、不満は和らぐはず。行政も文化交流の機会を設けていますが、まだ足りないのではないでしょうか」

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする