アイルランド総選挙 最大野党・共和党が第一党に 連立協議へ

引用元:産経新聞

 【ジュネーブ=板東和正】8日投票のアイルランド下院(定数160)総選挙は11日までに開票作業が終わり、中道右派で最大野党の共和党が2016年の前回選挙から6議席減らしたものの、38議席で第1党となった。共和党がバラッカー首相の率いる中道右派の少数与党、統一アイルランド党から政権を奪還する可能性が出てきた。ただ、単独過半数には届かず、今後は新政権樹立に向けた連立協議に入る見通しだ。

 英領北アイルランドとの統一を公約に掲げる野党シン・フェイン党は共和党と1議席差の37議席を獲得。前回選挙の23から議席を大幅に増やした。同党にとって「歴史的な躍進」(英メディア)で、アイルランド統一の機運が高まるとみられる。統一アイルランド党は前回選挙より15議席減らして35議席にとどまり、第3党に陥落した。大敗を受けて、バラッカー氏の内閣は退陣する見通し。

 一方、主要3党の混戦となったことで今後の連立協議は難航が予想され、決着までに数週間かかる可能性もある。

 第2党となったシン・フェイン党は政権に加わりたい意向を表明している。だが、英メディアによると、同党の前身がアイルランド統一を求めて過去にテロ行為を繰り返したアイルランド共和軍(IRA)であることから、共和党は連立を拒んでいるという。共和党のマーティン党首は9日、シン・フェイン党について「深刻な不一致が存在する」と話した。

 総選挙はバラッカー氏による議会解散により実施された。アイルランドでは現在、統一アイルランド党に共和党が限定的な協力を行っているが、住宅費の高騰などで政権に反発が広がっている。シン・フェイン党は今回の選挙で、住宅費の高騰の対応策として、公費での住宅投資などを掲げたことで支持を集めた。

フォローする