【映像】キルギス流架空電線着氷対策 電線を力いっぱい棒でたたく

引用元:アフロ
【映像】キルギス流架空電線着氷対策 電線を力いっぱい棒でたたく

 中央アジア・キルギスの首都ビシュケクで、マイナス20℃の寒気が続いた影響で高圧架空送電線に着氷、氷の重さで地上スレスレまで電線が垂れ下がり危険な状態となった。
 電力会社の保安係が電線を調べてみると、電線には氷がびっしり付着して、地上1メートルほどまで垂れ下がっていたが、保安係が次に取った措置にビックリ。
 手にした棒で着氷した電線を思い切りたたくと、一瞬できれいに氷が落ち、電線は反動で元の高さに戻ったではないか。

(キルギス、ビシュケク、2月10日、映像:Caters/アフロ)

フォローする